awsの運用のサポートサービスにかかる料金

awsの運用には多大なコストがかかるのではないかと不安になり、導入を先延ばしにしているケースがしばしばあります。

awsの利用そのものに料金がかかり、さらに運用コストも負担するとなると予算が十分にあるかが懸念点になるでしょう。この記事では運用のサポートサービスを使ったときにかかる料金についてわかりやすく解説します。

awsの自動化運用におけるメリット

awsの運用のサポートサービスとは

awsの運用のサポートサービスは大きく分けると三種類あります。どの場合にもawsを常に安定して利用できるようにするためのサポートを受けられるサービスですが、対応内容が大きく異なっています。まずはそれぞれのサポートサービスの概要を理解しておきましょう。

一つ目は専門業者による運用代行サービスです。awsの運用をアウトソーシングする形になるのが一般的で、基本的なオペレーションは全て任せられます。運用のやり方を考えるところから全て委託できるため、社内に運用のための負担が一切かからないのがメリットです。

常時監視をする仕組みになっていることが多く、障害が発生したときにも迅速な対応を求められます。そのため、安心してawsを利用できる体制を簡単に整えられるのがメリットです。

二つ目は専門業者による運用の支援サービスです。支援サービスの場合には運用そのものは社内で行うことになりますが、ノウハウが不足していても効率的な運用方法を随時提案してもらえるのでスムーズな運用ができます。

自動監視システムを利用できたり、障害発生時の自動対応のためのスクリプトを提供してもらったりすることも可能です。また、awsの利用コストを下げるための提案も受けられるなど、多岐にわたる支援を受けられます。

三つ目はフリーランスエンジニアによるサポートサービスです。専門業者に依頼すると受けられるサービスの内容が固定化されてしまいがちですが、フリーランスエンジニアの場合にはフレキシブルに対応してもらえます。awsの運用を一部代行してもらい、社内のリソースとコミュニケーションを取りながら対応するように依頼することも可能です。

完全にアウトソーシングすることも、コンサルティングを受けることもできるため、社内事情や利用状況に合わせた運用の仕組みを作りやすいでしょう。

運用代行サービスの料金

awsの運用代行サービスを利用する場合には料金の相場が概ね決まっています。初期費用として数万円から数十万円がかかり、月額料金として2万円から4万円くらいになるのが相場です。単純な代行であればこのくらいの料金範囲が一般的ですが、awsの利用方法の改善や運用方針の提案などを含めるトータルサービスになると月額料金が5万円前後になっています。

また、これからawsを導入したいと思っているときには、環境の構築から依頼することが可能です。awsの環境構築にかかる料金はどのようなプラットフォームにしたいかによってかなり大きな差があります。数万円から数十万円という幅がありますが、通常は20万円から50万円程度で収まるでしょう。

運用支援サービスの料金

awsの運用支援サービスの料金については内容や業者によってかなり大きな差があります。

運用支援がアドバイスのみというバイにはアドバイザリー契約となり、料金としては1万円から2万円くらいが一般的です。参考情報→CloudCREW … AWS運用

ただ、コンサルティングにまで至る契約になると料金は高くなり、5万円前後の月額費用を負担しなければならない場合もあります。支援の範囲をどのように定めるかによって違いが生じやすいので、見積もりを出してもらいながら慎重に打ち合わせをした上で依頼をする必要があるでしょう。

一般的には運用支援サービスでは初期費用がほとんどかからない仕組みになっています。そのため、比較すべきなのは月額料金だと覚えておくとスムーズに決められます。

運用支援サービスの中にはawsの自動監視システムなどのように独自のシステムを利用できるサービスもあります。

この利用について別途料金を負担しなければならない業者もあり、オプションとして色々なものを付けるとコンサルティングを受けなくても5万円以上になることもないわけではありません。必要なサポート内容を整理して、複数の業者から見積もりを取り、比較してから依頼するのが賢明です。

フリーランスエンジニアへの委託料金

フリーランスエンジニアに委託してawsの運用をする場合には料金相場があまりはっきりと定まっていません。フリーランスエンジニアに依頼する場合には交渉によって料金を決めるのが標準的です。多くの場合には自社から料金の提案をすることになるため、予算がいくらなのかを先に考えてから提示する料金を検討するのが適切です。

awsの運用を完全に代行してもらう場合には、相場としては1万円から5万円程度の月額費用を支払うのが通例となっています。ただ、作業量がどのくらいあるかによって料金には大きな違いがあるため、何が必要で、どのくらいの工数がかかるかを計算してみるのが大切です。

アドバイザリー契約やコンサルティング契約をする場合にも工数がどのくらいになるかによって相場が異なります。必要時にアドバイスを受けたり、月に一回コンサルティングをしてもらう程度であれば月額1万円から2万円というケースが多くなっています。

エンジニアの力量次第というところもあるため、基本的には交渉で決まると考えても良いでしょう。

比較するとわかる相場感

このようにawsの運用に関するサポートサービスを比較してみると相場感がおよそわかります。月額2万円前後を用意できれば代行を依頼することが可能で、フリーランスエンジニアならもう少し安くできる可能性があります。

支援を受けるのをメインにする場合には月額1万円から2万円の負担ができれば問題ありません。比較してみると代行を依頼しても特にコストがかさむことはなく、サポートサービスを受けるなら思い切ってトータルで委託してしまった方が良いと考えられます。

ただ、社内運用ができた方が柔軟に対応できるのは確かなので、ベストな運用方法はどれなのかを社内事情も加味して検討するのが大切です。

予算と利用方法に応じてサービスを選ぼう

awsの運用についてサポートを受けると費用が掛かるのは確かですが、料金は決して高くはありません。運用代行サービス、運用支援サービスに加え、料金の低さを重視するならフリーランスエンジニアを利用する方法もあります。

予算がどれだけあるか、awsの利用方法をどのように予定しているかに応じて最適な選択肢を選んで相談してみましょう。